FC2ブログ

Pink Ranunculus

乙女ゲームの感想・雑記など

01 2025

◇ごあいさつとご案内◇


ご訪問いただきありがとうございます(*´ω`*)ゞ
管理人のrikoです。

当ブログでは乙女ゲームやシチュCDの感想や雑談を綴っています。
主にプレイ済みゲームの感想になりますが、
ネタバレを含む記事が多数ございます。
ネタバレ感想には「ここからネタバレします」という文言と記事を畳んで載せておりますが、
何卒ご了承ください。

乙女ゲームは新旧ジャンル問わずプレイしております。
BLゲーム、CDも少々。また、18推CD、18禁ゲームも嗜みますので、
記事内で話題にすることもございます。

管理人の自己紹介については→自己紹介
プレイ済みゲーム→ゲームリスト
イベント参加履歴→イベント参加履歴
をご覧いただけますと嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
こんばんは~rikoです。

ご訪問、拍手いつもありがとうございます!!

本当は唐獅子牡丹の感想をアップしようと思ったんですが、
途中まで書いて力尽きちゃったので、雑談です・・・

今年もあと少しですねぇ・・・・早い。
実は年明けくらいに引越しを予定しておりまして、絶賛断捨離中です!
オタグッズは普段から溜め込まないようにCD系はデータを取り込んだら手放すように
しているのと、マンガ系やグッズ系も数ヶ月に一回まとめて手放しているので
そんなにアレなんですが、服とか靴とか生活用品とか諸々整理したいし、家具も結婚当初から
使っていたり私が実家から持ってきたものもあるので、今回はちょっと処分したいなと。

我が家はプチ転勤族、といいますか、主人は2~3年に一度は必ず異動が出るのですが、
だいたい勤務地は関東か関西、ごく稀にそれ以外の大都市、って感じです。
ここ数年は引越しの必要のない範囲の異動距離だったので今住んでるところは長いのですが、
結婚してからは東京4年、大阪3年、そして今の住んでる所、って感じで渡り住んでいます。
それで今回11月にも異動となって、まあ今の場所から通えなくはないですが、
電車の乗り継ぎとかがめちゃめちゃ悪いのと、今の家の契約のタイミングとかもあって、
年明けに引越すことになりました。
だいたい住む所は決めて、不動産屋さんにも相談中なのですが、実施に動き出すのは
年明けかな~って感じです。
今まで引越しのときは離れた勤務地になるので急いで引っ越す必要があって、
毎回すぐに物件決めて引越して、っていうバッタバタのパターンだったのですが、
今回はじっくり決めて自分たちのタイミングで引越しできるので、だいぶ気持ちがラク!w
なので少し色んなものを処分してすっきりしたい!

そんな感じで年明けにバタバタしそうではあるのですが、ちょっとずつ準備を進めて
なるべく忙しくならないようにしたいな・・・

久々にココでプライベートのお話しした気がする。。

本当はブログで話したいことも沢山あるんですが、いかんせん書く時間がなくて。。
来年はまだ新作の発売予定もあんまり出てきていないので、
もうちょっとここでのんびりいろんな事をお話しできたらな~と思ってます。


って、ここからは通常運転のゲームのおはなしです(笑)


そろそろ年末恒例のまとめ記事の準備をと思いながら今年プレイしたゲームを
数えてみたら、今日までで32本でした!わたしにしてはめっちゃプレイしたな~!
一応全てフルコンプ・トロフィーコンプしてます。。
あ、うたプリmusicは全曲開放までしかプレイしておりませんが。。
例年月2本くらいでだいたい24~5本くらいなんですが、今年はPCゲームが多かったのもあって、
結構な本数プレイしておりました。。まあ最近のゲームはボリューム少ない傾向にありますもんね・・・

12月もあとちょっとですが、今年中にあと3本はプレイしたいと思ってます!
昨日片恋いコントラストの三巻をコンプしまして、次は

Vita→殺し屋とストロベリー
PSP→うたの☆プリンスさまっ♪MUSIC2

をセットしてありますのでこちらを優先的に
プレイしたいと思ってます!
本当はめいこいfullmoonを先にプレイしようと思ったんですが、
殺ストはボリュームあんまりないとチラっと聞いた気がしたのと、なんとなく気分で・・・←
お借りしたブロ友さんと年末におデート?忘年会?していただくので、それまでにプレイできたらいいな。。
うたプリMUSIC2はちょっと全曲開放できるかわからないですが、ツイッタでも呟いたとおり、
カルナイのQUARTET★NIGHTがすごい好きなのでせめてQUARTET★NIGHTはプレイしたい。
そして、この二つの合い間にラキド無印PC版をプレイ・・・・。
ラキドはずっとプレイするするって言ってbadeggまでに間に合うかビミョウなのですが、
出来ればbadeggまでにPC版もプレイしておきたい。。

・・・・なんかわりと無謀な計画かな~と自分でも思ってますが、計画は計画なので!←

そして12月の購入予定ですが、ゲームは

<12/21> 【Win】蛇香のライラ 第一夜 ヨーロピアン・ナイト(ステラ)
<12/28> 【Win】ラッキードッグ1+bad egg(BL) (Tennenoji公式)

の2本です。
ライラは連動特典狙いでステラセットを既に第三夜まで予約済み。
ビズログやクルビを読む限り、とにかく肌色と密着多めのスチルで
ひっじょーに楽しみです。
そういえば第二夜の興津さんのキャラがスタッフさんのブログで「崇高なる変態」と呼ばれていると
書かれてて笑いました。興津さん、ちょっと変わったキャラ多くない!?(笑)
トライPはこれが最後の作品で、トリアイも片恋いもすごく面白くて好きでしたが、
PCゲームならではの面白さ、みたいなのは多分ライラが一番あるような気がしているので、
発売が待ち遠しいです(*´ω`*)

そしてもう一本はラキド1+ badegg!!
こちらもVita版無印プレイしてからめっちゃ楽しみにしてました!!!!!
まあ・・・ここでも何度か話題にしましたが、キャスト変更については正直続投だったらな~・・・
って思っちゃいますが、新キャストさん達も注目の若手さんばかりなので、
気持ちを新たに楽しみたいです!あとは私の脳内CVとの戦い!←
もうね、PVとか、クルビの特集とかを読むたびに、
ジャンさんがCR:5と敵対するなんて・・・:(;゙゚'ω゚'):
しかもジュリオのシーンがどれもこれも物騒すぎて、もうあの子どうなっちゃうのーーーー!!!!
(でもあのPVのジュリオめっちゃすき)
とか気になることイッパイなんですよ。
ラキド1の、ちょっとおちゃらけつつも全員超絶かっこよいCR:5幹部たちが好きだったので
今作がどんな感じなのか!!
特典はブロ友さまと相談してワタクシはルキーノ担当になりましたので(笑)
Tennenoji公式で予約しました♪サントラも付くから嬉しい!
公式通販は最速で1/2に到着らしいので、プレイは年明けからになりそうですが、
年明けから張り切ってプレイしまーす( ゚∀゚)ノ

ゲーム以外だと、

<12/20> 【DVD】薄桜鬼 桜の宴2018
<12/21> 【シチュCD】極道の男は哀を詠う(CV:二枚貝ほっき)
<12/26> 【シチュCD】下天の華 壱 蜜月の秘め事 信長&光秀の章

を予約済みです。ゲームは2本だけだわ~なんて余裕ぶっこいてたら意外と買うものあったw
下天のシチュCDはとりあえず信長様と兄様の壱だけ予約したのですが、
このCDに来年4月の下天の五周年イベントのチケット優先抽選券が付いているとのことで、
ちょっと応募してみようかと。ネオロマのイベントは初めてなので勝手がわからないですし
当たるかもわかりませんが、当たるといいな・・・

一応今年の予定は以上!

来年もまだあんまり新作の予定が出てこないので、今のところはゲームはライラだけなんですよね~
Switchもまだ持ってない流行乗り遅れなエセ乙女ゲーマーになりつつありますが、
まだSwitchなくても全然困ってないしな・・・本当に欲しいと思うまで買う予定はありません。
おそらく、レンド移植版か、オラソワの発売くらいまでは買わない気がする・・・
まあVita移植のときにかなりガツガツしていた反動かな・・・
新作チェックはこれまでどおりするつもりですが、すこし大人しく見守る体制を取りつつ、
積みゲー崩しに勤しみたいと思います。


ではでは、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!(´▽`)



にほんブログ村
こんばんは~rikoです。

ご訪問、拍手いつもありがとうございます!!

今日は片恋いコントラスト第二巻の感想です~!

第一巻の感想はコチラ⇒片恋いコントラスト ―way of parting― 第一巻 感想


twi_icon_madoka1.jpg

↑この方はサブキャラのアルカンジェ舞渡華さん。
一巻ではお声のみの登場でしたが、二巻ではお姿を現します!w



ヒロインは同じなのに、第一巻とはだいぶ恋模様が違ってて・・・
わたしは第二巻のほうがキャラが恋してる!って感じで好きかな~!

一巻の感想のときにも言ったんですが、亜樹那と和兎(一巻の攻略キャラ)は
「恋をする」っていうことよりも、幼なじみ同士の関係性とか彼らの心に抱えるもののほうが
大きくて、それにさえちゃん(ヒロイン)がちょっと振り回されるというか。。。
言ってしまえば、二人ともちょっと独りよがりで彼女の気持ちにまで思いやれなかったところがあって、
高校生だからそこまで出来た男じゃないのもリアルさなのかなって思いますが、
やっぱり好きな女の子は大事にしてほしいかな~とかちょっと思っちゃったんですよね。

そういう点で言うと、二巻の二人はさえちゃんを大事にしたい気持ちをちゃんと
伝えてくれていたし、二人からアプローチされて、「どっちを選ぶ!?」っていう三角関係の
醍醐味を味わえたかな~と思います。

二巻の二人はさえちゃんの後輩と先輩。
中等部の三年生・鈴太朗と高等部の二年生で生徒会長の桐阪先輩。
さえちゃんからすると、二人ともゲームのスタート時には面識がないんですけど、
彼らにはそれぞれさえちゃんを意識するようになる「きっかけ」があって。
その辺がゲームを進めていくうちに判明していくのと、2周目の彼視点のシナリオを読むことで
補完されていくので、最初は彼から距離を縮められることに戸惑うんですが、
だんだんと思いが通じ合っていく過程も自然で高校生らしくてキュンキュンしました(*´ω`*)

また、一巻同様、恋を知るだけでなく、彼らと交流するうちにさえちゃんの人間関係や
高校生活が変化し成長していくのを見守るのも楽しかったし、最初に言ったとおり、
何よりさえちゃんも彼らも全力で恋をしている感じがしたところがわたし的にはとっても良かったです!

あと、一巻の感想のときに書き忘れちゃったんですが、さえちゃんはラジオを聴くのが趣味で
いっつもポータブルラジオとヘッドフォン持参な上、
ある深夜ラジオ番組のヘビーリスナーかつハガキ職人なんです。
そのラジオにさえちゃんが学校のことや恋のお悩みを投稿するんですよね。
そして大好きなパーソナリティーのアルカンジェ舞渡華がアドバイスをくれて、それがさえちゃんの
背中を押してくれる存在なんですけど。
その舞渡華さんが一巻ではラジオの中でしか登場しなかったんですけど、二巻では
あることがきっかけで実物が登場する展開も面白かったし、上手くストーリーにハマってました!

片恋いコントラストの物語上、桐阪先輩は一巻でもかなり出番が多かったんですが、
二巻では他の巻のキャラの出番は比較的少なめだったかな~と思います。
楠見先生とか同級生の二人はちょこっと登場しますが、知っていなくても大丈夫なレベルなので、
二巻だけプレイ、とかでも全然問題ないかなと思います(・∀・)

第二巻の全体的な感想はこのくらいにして、ここからはちょこっとキャラ感想。


※ゲームのネタバレ含みますので、未プレイの方はご注意ください。
よろしければ続きよりお願いします(´▽`)


こんばんは~rikoです。

ご訪問、拍手・コメントいつもありがとうございます!!
前回の乙女ゲーマーに100の質問にも沢山拍手やツイッターで反応いただきまして・・・
「共感しました」と言っていただけてとても嬉しいです(*´ω`*)

さてさて今日は片恋いコントラスト第一巻の感想です~!

twi_icon_saeko1.jpg

中高一貫校である冠咲(かんざき)学園に通う橘川冴子は、この春から高等部へ進級。
これまで恋愛とは程遠い生活を送ってきたが、
大好きなラジオ番組のパーソナリティ・アルカンジェ舞渡華の言葉がきっかけで、
『初めての恋』を経験する。
恋することの楽しさ・喜び・幸福感を知ると同時に、不安・寂しさ・切なさも味わい、
その初恋はやがて終わりを迎える――
「恋なんてもうしない」
そう誓った冴子の傷付いた心を癒したのは、 皮肉にも『新たな恋』の始まりだった。
しかし、また恋をすることに前向きになった冴子の心を、初恋の相手が再び揺り動かす。
『忘れられない過去の恋』と『失恋の傷を癒した未来の恋』
この二つが同時にやってきた時、あなたは最後にどちらを選びますか?



トライアングルプロジェクトの第2弾ってことで、第1弾のトリアイとは全く毛色の違う三角関係です!
トリアイはかわいいキャラデザで、ちょっとぶっ飛んだファンタジー要素もありつつ
三姉妹がそれぞれのお相手二人をトリコにし取り合われるポップで明るく楽しい作風でしたが、
この片恋いは中高一貫の学園を舞台にした、一人の女の子の純愛ラブストーリーです。
ほんと、近頃めずらしいほどに純愛(>Д<)
・・・まぁわたしが単に不純(不穏ともいう)なゲームしかやっていないからそう感じるだけなのか・・・も。

まあそれは置いておいて、
幼い頃の出来事がきっかけで友達や恋愛を遠ざけてきたヒロインが初めて恋を知り、
でもその初恋は上手くはいかず・・・傷ついたヒロインにもう一人の男の子が現れる・・・
っていうのがね、ほんとうにね、マーガレット系の少女マンガの世界って感じなんですYO!
ピュアな三角関係がおばちゃんの胸に刺さりまくりでした。
わたしは高校三年間は女子高で、こういう青春の過程をすっ飛ばしてる自覚があるので
余計に良いな・・・って思っちゃうんですよね~

ヒロインの冴子さん(通称:さえちゃん)
(↑この呼び方は特定キャラのみの呼び方ですが、わたしはこの呼び方が好きなのでここから「さえちゃん」呼びしますw)
のお相手と関係性が各巻によって異なり、第一巻は同級生の二人。
空気を読まずグイグイ話しかけてくる同じクラスのスポーツマン・亜樹那と、
その亜樹那の幼なじみで、女子から王子様と呼ばれている優しい文芸部男子・和兎。
真逆の性格の二人と三角関係になるんですが、
この二人の男の子もある過去の出来事によってその心に抱えるものがあり、
それがさえちゃんとの出会いによってこの幼なじみ二人の間の関係性も変わっていく、
って感じなので、恋愛過程は甘々というよりは切なくほろ苦い恋、って感じでした。
最終的には好感度によりどちらかの彼を選ぶ、という途中分岐型のストーリーなので、
どちらかの男の子とのエンディングになるのですが、
さえちゃんも亜樹那も和兎も、本当の意味で恋愛慣れしていない不器用な子たちなので、
ドキドキするシチュというよりかは、「もう何考えてるのー!」っていうヤキモキモヤモヤする恋ですねw

ただ、この辺はキャラの違いのようで、第二巻をプレイするとまた恋模様がガラっと変わるので
同じ三角関係といっても色々あって私はとても面白いな~と思いました。

親しい友人を作らず、ぼっちでいれば傷つかずに済み、って思ってたさえちゃんを
私は最初あまりに頑なでちょっと苦手かも、と思ったんですが、根は真面目で優しい子なので
生徒会長である桐阪先輩に半ば強引に生徒会に入れさせられたり、
真泉さんという女子と不思議な交流が出来たりしながら彼女の人間関係や考え方が成長していくのも
見ていて微笑ましくって、ちょっとお母さん?お姉さん?の気分でしたw

ゲームの流れは
プロローグ→「初恋編(1~5章)」→「傷恋編(6~10章)」→「三角関係編(11章)」
の三部構成になっていて、最後に各キャラエンディングに分岐。
なので基本一本道なんですけど、2周目をプレイすると攻略キャラ視点のシナリオが追加されるので、
1周目でサラっと感じたり、??って思ったりする彼らの言動や気持ちが補完されるのが
上手い構成だなぁ~と思ったし、一本道でも二人目がダレずにプレイできて面白かった。
両エンドを見るだけならば途中セーブから分岐を回収することも多分可能なんですけど、
できれば二人目も最初からプレイしてほしいかな~と思います。

システムについてはトリアイと一緒ですね。
トリアイの感想のときに書き忘れたけど、PCゲームとしてはやや使いづらいと感じました。
メニュー画面の開閉の手間とか、文字送りがエンターで出来ないのも地味に面倒で(;´Д`)
デザインは凝っていて素敵なんですが、ちょっと諸々わかりづらいのが難点。。
ただ、片恋いは「道すじ」っていうチャートがプレイ中も都度確認できるのと、
後から好きなところからプレイを始められるのはよかった。
好感度もアイキャッチが出るのとパラメータが確認できるので、攻略はかなりシンプルだと思います。

あとはトリアイのときのインストール問題も改善されているので、今回も問題なくプレイできました。

スチルもとても綺麗でした!
ウダジョ先生はキャラデザのみ、と伺ってたのですが、作品にあった雰囲気のスチルでわたしは
好きです。
キャラもね、やっぱりわたしはウダジョ先生の描く男子がすごく好きだなーと思ったり(*´ω`*)

一つ残念だったのはおまけが全然なかったことですかね。。
お話的にかなりピュアな感じで締めくくられているので、出来れば甘めの後日談が見たかった(*´Д`)

片恋い全体と、第一巻の感想はこのくらいにして、ここからはキャラの感想を少し。


※ゲームのネタバレ含みますので、未プレイの方はご注意ください。
よろしければ続きよりお願いします(*´ω`*)



19 2018
こんばんは~rikoです。

ご訪問、拍手、コメントいつもありがとうございます!!

前回に引き続き「乙女ゲープレイヤーに100の質問」の後半戦です~

後半の質問はパッと答えにくいものが多く、
前半に比べて迷走感がハンパないのと、無駄にすっごい長くなっちゃったので
今回もほんっとーにお暇なときにでもお付き合いいただけたら嬉しいです。。




***********************************************************

Q.51:世間の評判は悪いけど好きな作品は?
・レンドフルール
・カレイドイヴ
・unEnding Bloody Call
・Last Escort~Club Katze~


Q.52:世間の評判はいいのにいまいちだった作品は?
以前も答えた時も思ったけど、非常に答えにくい質問…(笑)
ゆのはなSpRING!…。わたしにはキラキラし過ぎてたってだけで
決して面白くないというワケではないんですが(^_^;)


Q.53:自力攻略派?攻略情報ガンガン見る派?
新作特攻の場合や、自力でいけそうなら自力でプレイしますが、
お手上げの場合はガンガン頼らせてもらってます。ぶっちゃけ時間が惜しいので…


Q.54:主にどういう順番で各キャラクターをクリアしていきますか?
公式推奨順→無ければプレイ済みの方のオススメ順→どちらもない場合はキャラナンバー順。
好きな順でプレイでOKということなら、一番気になるキャラを最後にします。


Q.55:攻略順失敗したなと思ったことはありますか?ある場合はゲームのタイトルと、その攻略順を教えてください
パッと思いつくところだと百花百狼。
新作で推奨順とかわからなかったのでキャラ順でプレイ。
月下丸→黒雪→百地蝶次郎→服部半蔵→石川五右衛門


Q.56:上記のタイトルの理想の攻略順をお願いします。
わたし的には月下丸が最後が良いかなと思ってます。
服部半蔵→石川五右衛門→黒雪→百地蝶次郎→月下丸


Q.57:バッドエンディングはどのタイミングで回収しますか?
バッドエンドも含めキャラのルートだと思ってるのでエンドはキャラ毎に回収します。
(最後にバッドだけまとめて回収とかはしない)
自力でやっていれば意図せずバッドに辿り着くこともありますが、基本的にはグッド→バッドで回収。
バッドを先に見たほうが良いかも・・・と判断すれば先にバッドを見ることもあります。
その辺はわりといいかげんですw


Q.58:印象に残っているキャッチコピーは?
作品のキャッチなのかキャラのキャッチなのかわからなかったので、両方載せます

・ゲームタイトル
【キスよりすごい音楽って本当にあるんだよADV】 うたの☆プリンスさまっ♪Repeat
【絶望の都市で希望の光を見つけるAVG】 ARMEN NOIR portable

・キャラ
【予測不能の病弱サイケデリック】 猪狩澪(STORM LOVERシリーズ)
【慈愛と狂気のダイヤ】 トーマ(AMNESIAシリーズ)


Q.59:今までプレイした乙女ゲーの中で印象に残っているセリフを教えてください
(胸キュン部門)
・「この先が幸せでも不幸せでもいい。あなたが私の傍にいて、私の愛を受け、
あなたの愛は私のものに。それが私の願いなのです」
…秦(十鬼の絆 花結綴り)

・「僕のこれまでの努力は、貴女を支える男になるための努力でした!」
…由利鎌清(忍び、恋うつつ)

・「ああ。大嫌いだよ、もうずっと。ずっと前から……、嫌いだった。嫌いで嫌いで……、たまらない」
…ミラー(新装版魔法使いとご主人様)

・「おいで」
…趙雲(十三支演義2)

・「あい」
…青井有紀(DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher)


(シリアス部門)
・「拝命した…!」
…ギスラン(レンドフルール)

・※ちょっとネタバレかなと思ったので反転してます
覚えて、おくといい……。君が、自ら手を下した、男の顔を……その裏で死す、幾万の民の命を…
…ルイ(レンドフルール)


(コミック部門)
・「……私、面倒くさい男ですか?」
…筧十蔵(真紅の焔)

・「飛べ!ペガサス!」
…猪狩澪(STORM LOVER)

この質問だけで記事一つ書けそうなほど、他にも沢山印象深いセリフは沢山あります。
いつかブログネタにしたいw


Q.60:今までで一番感動した乙女ゲーは?
アニメとか諸々含め一番心に響いてるのはやっぱり薄桜鬼かなと思うけど、
プレイ後に心が不安定になるほど泣いたのは
ダイナーアッポリ、ブラハZ、剣が君


Q.61:今までで一番笑えた乙女ゲーは?
STORM LOVER
ゲーム、CD、イベント…全てスタッフさん・キャストさんがが全力でふざけてくださるのが大好きです


Q.62:今までで一番萌えた乙女ゲーは?
うーーーーーん。萌えキャラの多さでいったらARMEN NOIRと十三支演義…


Q.63:今までで一番シナリオがよかった乙女ゲーは?
越えざるは紅い花


Q.64:総合して一番好きな作品は?
今の一番は DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher


Q.65:ちょっと自分には合わなかったなーという作品は?
合わない、っていうよりプレイ後にすごくモヤモヤしたのは
月華繚乱ROMANCEとVamwolf Cross
月華はキャラは良かったけれど諸々掘り下げがなくモヤモヤ…
ヴァンクロは見せ方とかシステムとか一部キャラルートとかもったいない点が多過ぎてモヤモヤ…


Q.66:合わないなーと思った作品は即刻投げ出しますか?一通りクリアしますか?
フルコンプします


Q.67:何をもってしてクリアとしますか?フルコンプ?全キャラ攻略?
フルコンプです。
…フルコンプってのも曖昧な気がしますが、
PSP、PCならスチルとシナリオをコンプリートで一応フルコンプ、かなと思ってます。
Vitaならトロフィーコンプ。


Q.68:好き嫌いはともかく、一番出来がいいと思う作品は?
Code:Realize
シナリオ、キャラ、スチル、音楽、世界観、全て作りこまれていて
FDが2本出てもそのクオリティが落ちないのはさすがの一言


Q.69:攻略対象外のキャラクターで、エンディングが見たかったと思うのは?
好きなサブキャラは?っていう質問との違いがよくわからないのと、
FDとかでちょっと攻略できてる人は除くとするならば…
・由依さん(Blackish House )
・廉次さん(愛は憎しみによく似ている)


Q.70:クリア後のおまけ要素であったら嬉しいものは?
・ご褒美スチル
・後日談などのサイドストーリー
・パロディ


Q.71:クリア後のおまけ要素でこれはいらないかなと思うものは?
おはようとかおやすみのキャラボイス、かなぁ…
ボイスだったら、質問に答えるものとかのほうがうれしい。


Q.72:関連商品とか買っちゃいますか?
ファンブック、CDなどは気に入った作品だと買っちゃいます。グッズも少々。


Q.73:イベントとか行っちゃいますか?
好きなゲームのイベントならば行っちゃいますよ~


Q.74:一番散財したタイトルは?
たぶんブラコンかダイナーか、だと思います。
ブラコンは今は動きがないので、現在進行形だとダイナー。
どちらの作品も
・キャラが多い(ブラコン13人+1匹)、ダイナー(16人)
・メディアミックス(アニメ、舞台)
・ドラマCDとか楽曲CDがわんさか出てる
ので、必然的にお金がかかりますw


Q.75:主人公の名前はいつもどうしてますか?
デフォルト名です。


Q.76:主人公のボイスは付いていたほうがいいですか?
付いているゲーム大歓迎♪ヒロインもキャラの一人なので。


Q.77:自己投影派?カップリング萌え派?
カップリング萌え派。
ヒロインの気持ちにシンクロすることはあるけれど、
あくまでヒロインと攻略キャラの恋を傍で見守るスタイル。


Q.78:いつも何を重視して購入に踏み切りますか?
キャラと世界観、キャストさん


Q.79:いまいち購入に踏み切れないソフトとその理由は?
コルダシリーズ気になりますが、いろんな方のお話を聞く限り
時間をかけてじっくりプレイするものかなと思うので、
積みゲーがなくなって時間に余裕が出来たらプレイしたいです


Q.80:興味はあるけど購入するほどではないというソフトを挙げてください
アプリからの移植作品(イケ戦とかエフェメラルとか)
設定とか好みだなーと思っても欲しい!とまではいかないんですよね…


Q.81:乙女ゲーを評価するにあたり、キャラクター、ストーリー、絵、音楽、声優などのポイントを重視する順に並べてください
キャラクター>声優>ストーリー>絵>音楽

かな…どんなにお話が面白くても、キャラを好きになれなかったら
お気に入りのゲームにはならないので。。


Q.82:すでにプレイして満足した作品でも、移植されたら買ってしまいますか?
Vita移植のときはすぐに買ってましたけど、
Switch移植はさすがに二度目なのでちょっと慎重に吟味してます(笑)
特典と追加要素次第かな。


Q.83:移植してほしい作品は?どのハードがいいかもお答えください
これはもう何度も言い続ける!
ハードはVitaでもSwitchでも構いません!w
・十鬼の絆
・ARMEN NOIR


Q.84:リメイクしてほしいと思う作品は?
前にも同じ作品挙げてますが、unEnding Bloody Call。
ほんとにブラコーはシステムどうにかしてほしい(笑)


Q.85:どのくらいの頻度で乙女ゲーを購入しますか?
特に決めてませんが、欲しい新作が出れば購入します。
ここ数年はだいたい月2本くらいのペースです。
旧作については、今は買い控え中。(積みゲー減らないので)


Q.86:購入したソフトにはすぐ手を付けますか?積んでしまいますか?
以前は積んでしまうことが多かったですが、
今はすぐにプレイするつもりで買います。
逆にすぐプレイしないなら買わない。


Q.87:遊び終わったソフトは売ってしまいますか?とっておきますか?
もうプレイしないだろうな、と思うものは手放しますが、大体とってあります。


Q.88:ソフトの保管はどのようにしていますか?
元々マンガの本棚だったスペースを空けてゲーム棚にしています。


Q.89:ファンディスク、もしくは続編が出てほしいと思う作品は?
実現可能性は置いておいて・・・
・Blackish House
・真紅の焔
・ピオフィオーレの晩鐘


Q.90:演出や設定その他で、あまりやってほしくないと思うものはなんでしょう?
最近は少なくなりましたが、FDでのミニゲーム。。
あとSDキャラだけのストーリー。。


Q.91:逆に、こういうのもっとやって!というのは?
最近はノベルゲーム中心なので、ストラバのような自由度の高い恋愛シミュレーション的な
ゲームも出してほしいです。


Q.92:乙女ゲー以外の趣味は?
マンガ、スポーツ観戦、買い物、ヨガ
旅行も好きだけど、最近は中々行ける機会がない…


Q.93:日常生活において、乙女ゲープレイの優先順位はどのくらいですか?
仕事>家事>乙女ゲーム
あくまで仕事や家族に影響のない範囲で楽しむもの、かな。


Q.94:乙女ゲーをプレイするに当たってのこだわりは?
とにかく楽しくプレイ!
ブログでの感想も辛口なほうが参考になるって方も多いと思うんですが、
辛目に書くのが苦手だし、何より自分が楽しくないので、
極力萌える感想を心がけています。

あとは製作している方のブログやSNSを読むのが好きなのですが、
スタッフさんの作品に対する思いやこだわりを拝見すると
できるだけ余すところなく楽しみたいと思うので、コンプリートを目指してプレイしてます。


Q.95:身の回りにあなたが乙女ゲーをプレイしていることを知っている人はいますか?いるとしたら誰ですか?
夫だけが知っています。


Q.96:乙女ゲー化してほしいと思うマンガやアニメは?
前にも答えましたが、BLACKBIRDと天下一!


Q.97:乙女ゲーをプレイしていることのデメリットは?
やっぱり時間泥棒なところですね…とにかく時間がない!


Q.98:乙女ゲーに手を出したことを後悔していますか?
全然後悔してません!良い作品にたくさん出会えたし、乙女ゲームを通じて
同じ趣味の方と交流させてもらって、リアルでも仲良くしてくださる方が出来て
とても充実しています!


Q.99:乙女ゲーを止めたい、もしくは止めなければと思いますか?理由もそえてお願いします
前からちょこちょこと話していますが、いずれは隠居を考えてます。
今は毎日時間が空けば何かしらのゲームをプレイしてますが、積みゲーがなくなったら
もうちょっと、ゆっくりじっくりプレイにシフトしていきたいなと。


Q.100:乙女ゲーの魅力を語ってください
いい年こいたおばちゃんになると日常でキュンとしたりドキドキしたり
なんてことは皆無なのでw、キャラを通して笑ったり泣いたり怒ったり
キュンとしたりっていう気持ちが味わえるのが乙女ゲームの楽しいところです。
あとは攻略キャラクターによって見える世界やヒロインとの恋愛模様が変わってくるし、
同じキャラでもハッピーエンドだったり悲恋だったりバッドエンドだったり、
色んな結末が見れるからここまで飽きずにプレイできているのかな~と思います。

業界的にはアプリが主流となり、コンシューマゲームの未来は
厳しい状況かな~と思いますが、コンシューマでしか味わえない良さがあると
思うので、まだまだ灯が消えないよう、微力ながら応援してます\(^o^)/



質問提供:100Qどっとねっと



は~・・・めっちゃやりきった感!w
でも、もうちょっと熱く語りたい質問とかもあったので、ブログネタとしてあっためておこうと思いますw

・・・・ここまで読んでくださった方、
長々とお付き合いくださり、本当にありがとうございました・・・!


萌えの宝庫アメノワの中の最萌、ソードです(宣伝)

にほんブログ村