fc2ブログ

Pink Ranunculus

乙女ゲームの感想・雑記など

◇ごあいさつとご案内◇

0 Comments
riko
ご訪問いただきありがとうございます!管理人のrikoです。


当ブログでは乙女ゲームやシチュCDの感想や雑談などを綴っております。

主にプレイ済みゲームの感想になりますが、
ネタバレを含む記事が多数ございます。
ネタバレ感想には「ここからネタバレします」という文言と記事を畳んで載せておりますが、
何卒ご了承ください。

乙女ゲームは新旧ジャンル問わずプレイしております。
BLゲーム、CDも少々。また、18推CD、18禁ゲームも嗜みますので、記事内で話題にすることもございます。



管理人の自己紹介管理人について

プレイ済みゲーム
プレイ済みゲームリスト(年度別)
プレイ済みゲームリスト(50音順)

イベント参加履歴イベント参加履歴


★ブログ5周年企画★
乙女ゲープレイヤーに100の質問 前編
乙女ゲープレイヤーに100の質問 後編


どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト



うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ 搭乗中の萌え叫び

0 Comments
riko
こんにちは~rikoです。

ご訪問、拍手いつもありがとうございます!
獄スト感想にも沢山反応いただきありがとうございます…!

さてさてさて……わたくし絶賛

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ 
に只今どっぶりでございます……


マジLOVEスターリッシュツアーズとは、うたプリの新作劇場版ライブアニメでございまして…
2019年の劇場版「マジLOVEキングダム」では3グループ合同ライブでしたが、今作は
ST☆RISH単独ライブアニメでございます。
単独よたんどく!!

9/2より上映がはじまって、今のところ7回搭乗したわけですが…
(今回のライブのコンセプトに合わせ、プリンセス達はライブ鑑賞を「搭乗」と言っております)

全然熱が冷めねぇ…!むしろ中毒性が高まってる!!!

……自分でもこうなることは予想はしてた。

3年前、キングダムのときにも同じだったからね……

公開されるまで、とても楽しみにしてたのと同時に、
あれ(キングダム)よりすごいものを作るって、相当大変なんじゃ、、、なんて少し思ってたんです。
それくらい、マジLOVEキングダムが大好きで、キングダムきっかけでどっぷりうたプリ沼に沈んだまま
この3年間沼底にいたものですから…

でもそんな心配はめちゃめちゃ杞憂でした。

もう…もう…マスクびちゃびちゃになるくらい泣いた…
 
すごい…すごい…パワーアップどころの騒ぎじゃない…すごいものを観てしまった、、、と。

わたしのような沼底の人間がすごよ!おススメだよ!ってあんまり言いすぎると余計に引かれて
「ちょっと観てみようかな…」って方が減ってしまったら元も子もないのであんまりギャーギャーここで
書かないほうがいいのかも、と思ったんですが、どうしても萌え叫びたく。。

あの、本当にうたプリにそんなに詳しくない、なんなら初見でも「アイドルのライブ」として楽しんでもらえると思うんです…
実際、ツイッターなどでジャ〇オタさんや他界隈の方が初見でハマってくださってるかたもいるようで、
そういった方の「リアルなアイドルライブ」目線の感想を拝見するとこちらまですごくうれしくなるというか…
なので、そんなにうたプリ知らなくても、ちょっと興味あればぜひ!!観てください!!
上映は「通常上映」と「応援(無発声)上映」の2種類があって、応援のほうは声は出せませんが
ペンラを振ったり拍手などで盛り上がることができる上映です。
応援のほうはちょっと、、という方は通常でしたら普通に静かに劇場鑑賞するスタイルですので、ご安心を!
今はまだ2週目なので比較的多くの劇場で回数もそこそこやってるところが多いので、
ぜひ!どうぞよろしくお願い申し上げます…(何者)

じゃあどんなとこがすごいのよ、ってハナシなんですが。

とにかくまずCGが美しい!!!!!
推しだけでなく全員「あ、今の顔(表情)好き……」がいっぱいありすぎて脳のメモリーに書き込みきれない!
表情の豊かさ、リアクション、ダンスやパフォーマンス、衣装……
全て前作より作り込まれていて、ほんとヤバいです…(ToT)(語彙力)

豪華版パンフレットにスタッフインタビューが載っていたのですが、
なんかね、、本当に「良いものをつくりたい」気持ちが凝縮されてるといいますか…
アニメ、前作劇場版、プリライ(中の人達のライブ)、CGライブ、などなど、、これまでのうたプリの要素を
ふんだんに盛り込みつつ、とにかく「こういうライブを観たかった!」がぎゅーーーーと詰まってるんです。。
今回はMC部分もCGなので、本当に動きがリアルというか…
話してるプリンス以外の子たちの動きやリアクションも細かく作り込まれているし、
ST☆RISHのメンバーが仲良くわちゃわちゃとした掛け合いも楽しく。

そしてライブもグループ、ソロ、ユニットの楽曲が楽しめるんですが、

みんな違って みんな良い……最高…

前作と楽曲数はそんなに変わらないですが、1曲の時間が多めに取られている上にそれぞれ
ものすごく凝った演出、パフォーマンスなので、より濃密なライブになってます!
前回も3グループ18人で華やかなライブだったけど、今回は7人でもすごくすごく濃縮されてるんです。
今回はソロ曲であるけれど、ソロではないというか…ちょっとしたサプライズ的な演出もあるので
その辺も見どころです。

初見でも楽しめる、と言いましたが、同時に12年の間にうたプリをずっと応援してきたプリンセスにとっても
沢山の仕掛けやサプライズがあって。
わたしはどっぷりハマった歴で言うとまだまだひよっこだけど、それでも
「うたプリを、スターリッシュを好きでよかった」と搭乗する度に実感しています。

初週の上映と2週目の上映でもすでにアンコールやライブ中の演出が変わるので、
毎週、何度でも通いたくなる、そんなライブ。
特に2週目からのアンコールはちょっとうたプリのアニメを知っている方なら「おお!」って思っていただけるんじゃないかな。

そんな感じで、よかったら、ぜひ、スターリッシュレインボーエアラインに一度ご搭乗してみてください…!

ちなみに、この劇場版の前日譚であるテレビアニメ「旅の始まり」も配信されてますので、
そちらを観てからだとより楽しめるかもです(*´ω`*)
あと、公式ツイッターが毎日ライブ映像ちょい出ししてくれてますので、ビビッときたらぜひご覧ください♪


わたしの布教タイムはこれくらいにして、ここから先はネタバレありのただの萌え叫びです…


劇場版のネタバレ含みますので、未搭乗のかたはご注意ください。
あとちょっと腐的なこと言ってるところもあるのでご注意ください…
一応畳みますので、よろしければ続きよりお願いいたします……


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



天獄ストラグル-strayside- その3(東洲斎写楽・JacK・石川五右衛門)

0 Comments
riko
こんばんは~rikoです。

ご訪問・拍手いつもありがとうございます!

今日も獄スト感想です~!
キャラ感想後半、写楽・JacK・五右衛門、そしてそれぞれに関連するサブキャラさんのことも
少し書いています。
今回獄ストの感想書こう、と思ったのは、某サブキャラのお二人のことをどうしてもちょっと
話したくて書いたと言っても過言ではない…
なので今回その二人のことを少し語れたので満足です(笑)

では前置きはこれくらいにして……


※※ここから先、ネタバレがございますので、未プレイのかた・プレイ予定のかたはご注意ください!
わたしは全ルート、おまけの手記まで全て読んで感想を書いています。
他ルート、サブキャラ手記も含めたネタバレになりますのでご注意くださいませ。



記事を畳んでおりますので、よろしければ続きよりお願いします(*´ω`)



天獄ストラグル-strayside- その2(村上誉那・宇賀菊之助)

0 Comments
riko
こんにちは~rikoです。

ご訪問・拍手いつもありがとうございます!

8月も半ばを過ぎ、ワタクシは毎日だいぶソワソワしております。
なぜなら、9/2から「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEスターリッシュツアーズ」が公開となるからです…!
4月にテーマソング、5月からはソロシングル連続リリース、来週はユニットソングCD発売…
ムビチケ各種とライブグッズも準備万端。今年はスタリに心も財布も捧げる勢いで楽しみにしてきた
劇場版があと2週間で封切となるかと思うとドキドキで壊れそうです。
あとは公開初日のチケットが無事取れるかが最大かつ最難関のミッションです。
ちなみに公開初日は有給休暇を取りました。
うお~~~~!楽しみ!
10/2のキャスト全員登壇の舞台挨拶もお友達と現地参戦予定なので、しばらくは健やかに過ごせるよう
健康管理と家事お仕事頑張りつつ、このお祭りを全力で楽しみたいと思います!


……ってわたしの推し活近況はこの辺にして、今日は獄スト感想後半、キャラの感想いってみたいと
思います!まずは誉那と菊之助!


※※ここから先、ネタバレがございますので、未プレイのかた・プレイ予定のかたはご注意ください!
わたしは全ルート、おまけの手記まで全て読んで感想を書いています。
他ルート、手記も含めたネタバレになりますのでご注意くださいませ。


記事を畳んでおりますので、よろしければ続きよりお願いします(*´ω`)





天獄ストラグル-strayside- その1(全体感想)

0 Comments
riko
こんばんは~rikoです。
ご訪問・拍手いつもありがとうございます!

今日はコンプリートしたてアツアツの獄スト感想いってみたいと思います!!

ゲームの感想ちゃんと書くの久しぶりだな…って思ったら、最後に感想を書いたのが
一年前のJJでした…てかJJプレイしたのもう一年前なのか…時の流れよ…

感想はホント、プレイしてすぐに書かないともう絶対書かなくなっちゃうので、
今回は記憶がアツいうちに思いの丈を叫びたいと思います(*´ω`*)

20220817-7.png

時は零和XX年。
地獄道と人間道の間で協定が結ばれ、浅草は亡者達と出会える一大観光スポットと化していた。
そんなある日、天から下ろされた蜘蛛の糸により地獄の罪人達が脱獄。
閻魔大王は、新人獄卒の娘である主人公に信頼のおける罪人・石川五右衛門達と共に脱獄囚の捕縛を命じる。
主人公と五右衛門達は人間道に下り立ち脱獄囚達を監視するが……
彼らはかつて地獄の罪人だった絲ノ比丘尼の元に集結し罪を帳消しにできる免罪符アプリを配信してしまう。
絲ノ比丘尼の目的は?
そして、天国を約束された人間達の未来は?
天と地を股に掛けたこの世界の運命やいかに!



わたしは大抵のものは楽しめる雑食のため、評判とか基本的には全く気にしないし
プレイし終わるまでネタバレを踏みたくないのと先入観を持つのがイヤなのであまりツイートで検索したりして
こなかったんですけど、ブログで感想を書くことも、読みに行く機会も減ってきているので
ちょこっとツイッターでどんな感触なのかな~って最近は少し見るようになったんですが。
プレイする前に「どんな感じかな?」って軽い気持ちでTwitterで「獄スト」で検索したら、
サジェストに地雷とか不穏なワードが出てきて、ちょっとだけツイ拝見して
うん、好みハッキリ分かれるというか、賛否両論て感じなのね、と理解してすぐに引き返しました(笑)
でも、評価分かれるとか人を選ぶって言われると「どんな作品なの(ワクワク)?やったろうじゃーん!」
って逆に楽しみになってしまうタイプなのでとても楽しみにしながらプレイ。

わたしはめちゃめちゃ好きな作品になりましたよー!

元々わたしがこのスタッフチーム、というかライターさんの作品が大好きってこともあるし、
ニルアドもオラソワも好みが分かれる作品だったと思うので、万人におススメ!とか、
乙女ゲーム始めたての方とかにおススメできる作品ではないですが、
上記2作品が好きなかたなら楽しめるんじゃないかなと。
ただ、作風はこれまでと少し違うかんじかな。
なんていうか…ニルアドやオラソワはさといさんの淡い色合いのキャラデザやスチルと相まって
幻想的な雰囲気だけど恋愛描写は糖度高めでわりとリアル、みたいな感じかなって思うけど、
今回はキャラデザも世界観もポップで、攻略キャラは地獄の大悪党!罪人ばかり!
一癖も二癖もあるキャラたちが「煩悩」と呼ばれる超能力的なものを宿し、
人間道に逃げた脱獄囚たちを追ってバトルするっていうなかなかパンチの効いた設定。

主人公の凛ちゃんは閻魔大王の養女で、罪人に罰を与える「獄卒」という役職に
就くために獄卒学校を首席で卒業したばかりの「獄卒ルーキー(仮)」。
脱獄囚を捕まえて地獄に連れ戻すというミッションを父である閻魔大王から与えられ、
そのために煩悩を宿した石川五右衛門を始めとする4人の罪人と浅草(人間道)でシェアハウスしながら
彼らを統率して脱獄囚を追っていく、というお話し。
要は学校出たばかりの新卒ちゃんに「罪人引き連れて(めちゃめちゃ強い)脱獄囚とっ捕まえてきてね~」ってことです。
罪人たちは当然ながら生前に罪を犯して地獄に落ちているので、決して紳士的な優しいだけの男性たちではなく、
獄卒見習いで若い女の子である主人公に対し最初はかなり辛辣で反抗的な態度。
リアルでは到底許されない、かなり乱暴な言動をとることもあり、そこが苦手な方がいらっしゃるかと思います。
ただ、彼らは現代の人間の世界で生きている人ではなく、戦国時代や江戸時代に亡くなって
地獄で何百年と責め苦を受けているので、現代の日本の倫理観や恋愛観とは違うところがあるわけで…
その辺がストーリーの一環として受け止められるかってところが好みの分かれるところかと。

罪人たちに宿っている「煩悩」っていう能力はヒロインと「血因」っていう信頼とか結びつきを
強くすることによってその力が最大限に発揮できるようになるため、ヒロインと彼らが
お互い信頼し合うようになっていくのがとても重要なのですけど……
彼らは生前に殺人とか窃盗とか、何らかの罪を犯してるんですが、その犯した「罪」というのも、
ストーリーを進めていくうちに、彼らの生い立ち、出自、その時代時代での境遇とか、色々と絡まった過去が
見えてきて、主人公の凛ちゃんと共にその絡まった業とか因縁の糸を解いていく、ってところが
わたしはすごく面白いと思ったんですよね。。
しかも、主人公である凛ちゃん自身も地獄にいるということは過去に犯した罪があって。
ただ、彼女は生前の記憶を一切もたないため、彼女の過去についても明らかになっていくルートは
ちょっとしんどいな、っていう展開になります。
それを愛する人と仲間たちと乗り越えていく、っていう展開がわたしは好きなんですが、
ここもヒロインに自己投影する方だと結構キツイかもしれません。。

最初はヒロインも攻略キャラ達もお互い好感度マイナスから入るストーリーだけれど、
シェアハウスで暮らしながら最初は「呉越同舟」だった関係が徐々に仲間として信頼し合っていく
過程も楽しくて、攻略キャラのメンズたちの会話は男子校ノリっぽくもあり、まあ乙女ゲームとしては
ちょっとスマートではないかもしれないけど、シリアスな部分と日常生活のコミカルな部分が
個人的にはツボでした。

ヒロインの凛ちゃんは首席で学校を出るくらいなので真面目な優等生タイプ。
閻魔パパに溺愛されて育った箱入り娘なので、ちょっと世間知らずなとこあるし、
男嫌いの人間嫌いで、自分を養ってくれた閻魔パパに恩返ししたくて優秀な獄卒になりたい!
って思いでいるので、最初は罪人たちを絶対信用しないんだから!って感じなのだけど、
さっきも言ったように彼らが「本当に極悪人なの?」って一緒に暮らしていくうちに見えてくる
彼らの素の部分や過去に触れて惹かれていったり、脱獄囚側のキャラ達とも向き合っていく
うちに彼女自身も成長していく、っていう感じかな。

攻略キャラ達はそれぞれ生きた時代、境遇が違うので個性バラバラ、あくまで罪人なので
口が悪かったりひねくれてたりちょっと荒っぽかったりするけれど、
苦手なキャラはいなかったし、彼らと距離が縮まっていく過程にニヤニヤキュンキュンしちゃいました。
わたしはこのライターさんの描くシチュエーションがすごくツボなんですよね(*´ω`*)

推しは全員好きで迷うけど……やっぱ五右衛門かな。JacKも凄く好きなんだけど、
五右衛門の設定とか諸々ズルいんですよ。。
ニルアドの隼人、オラソワの朱砂に通じるチートメインヒーローですよ…
ヒロインに対する押しの強さとかが絶妙なんですよ…
JacKは中の人の声もぴったりで意外性の詰まったキャラで大好き!
でも誉那も海の男!武人!って感じでぶっきらぼうだけどかわいいし、
菊之助もかわいいし、写楽も江戸っ子お色気枠で好きだし、箱推しですね…
サブキャラも沢山出てきますが、それぞれのルートでそれぞれのキャラに物語があって、
おまけの手記で彼らの掘り下げもあるので、ぜひとも全員分の手記を読まれることをおススメします。
特にわたしはのの先生とタマが好き( *´艸`)
あとは閻魔パパの中の人の飛ばした演技も必見です(笑)

システムはシンプルなノベルタイプなので、共通ルートが終わるとキャラ選択になり、
個別ルートに入ります。エンドはハピエンとバッドエンドの2種類で、
バッドエンドにもEXTRAのエピソードがちゃんとあるのが凄くいい。
トップ画面のキャラや服装をカスタマイズできるのも嬉しい機能。
(今まであんまりオトメイトさんのコンシューマゲームにはなかったと思うので…)
おまけはキャラ全員分の手記と攻略キャラのおまけエピソードがあって、
これだけでも結構ボリュームありました!全部ボイス付きなのも良かった。
攻略順は攻略制限がわりときっちりかかってるのであまり迷わないと思いますが、
制限かかってないキャラは誰から行っても問題ないかな。
強いて言えば誉那か菊之助を最初にプレイすると良いかなと思います。


キャラもシナリオもボリューム的にもわたしは大満足でしたが、最初に言ったように
万人におススメ、とは言えないし、好みは相当分かれると思います。
レーティングが「C」になってるのが一番の驚きでした。結構攻めてる表現だったので…
んー…PCゲームとかだったら表現的にそこまで言われないのかな~と思ったり。。

とにかくわたしは好きだ!ってことが言いたかったので、この辺で全体感想を終わりにしたいと思います。

ネタバレ全開のキャラ感想はまた後日アップしたいと思います(*´ω`*)


ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!


じごくネットたかむらで付喪神付き掃除機買いたい
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村